記事一覧

あれから早くも一か月

お母ちゃんが天国へ旅立って早や一か月が過ぎた。
毎日毎日寂しい思いで暮らしている。仕事が結構忙しいので仕事中は気がまぎれるが、家に帰ると思い出して悲しい思いになる。そんな時時々仲間の人達から電話がかかってくると気分転換になって、つい長話になる。
連れ合いが居なくなるとこんなに寂しいものとは思ってもみなかった。やっぱり我が家はお母ちゃん中心に回っていたのだと改めて感じた。

けれど、悲しんでばかりではお母ちゃんは気になって極楽へ行けないかもしれない。それでも、やっぱり思い出すと涙がとめどもなく出てくる。車のハンドルの前に写真を貼って話をしながら走っている。こうすればいつも一緒に居るような気がする。