今も残るトロッコ道
                              (南海本線 春木駅 より約120m和泉大宮駅寄り)

     岸和田の 「煉瓦用粘土」の運搬

 大正末期の岸和田 この時期泉州全域で窯
 業に適した土が産出し煉瓦製造・泉州瓦の製
 造が盛んだった。

 写真は搬出用のソリを曳かせる職人 

 

 


    当時のトンネルは今も残っている


 春木川の横、南海電車の線路下に昔通ったと
 思われる「トンネル」がある。

 馬に引かせた「ソリ」や馬に引かせた「トロッコ」
 が通っていた上を南海電車が通った。

 今は写真のようにコンクリートのトンネルと階
 段になっている。


          (海側から撮影)

 
         (海側から撮影)

     左=春木駅    右=和泉大宮駅