私は誰かに支えられている。

だから、私も自分のできる範囲で誰かのお役にたちたい。
トップページ プロフィール お勧めリンク つぶやき 介護日記 メール
 
 
赤レンガの歴史
 
 
レンガの敷き方
 
 
私の探検記1
私の探検記2
私の探検記3
 
 
ブリックマン奮戦記
 

蘇れ「岸 煉」
阪南市九条の会
泉南民主商工会

〜〜 ブリックマン自己紹介 〜〜

 
名前
住所 大阪府阪南市貝掛 私たちは、誰かに支えられている。だから、私も人のお役にたちたい。皆さんと共に!!!!。
年齢  1939年12月25日生 (74歳)
趣味 クラシック音楽を聴くこと
赤れんがの建造物を探すこと
パソコンの練習
ボランテイアで社会的弱者のお役に立ちたい。
ハイキング(残念ながらなかなか行けません)
仕事 活水器工事・電気工事・空調工事・管工事・住設機器 ・エアコン内部洗浄

宅内給排水管の洗浄 ・その他、どこにも言えない小さな工事  
勝手気ままな独り言
 3.11東日本大震災から、 早いもので3年が過ぎて世間から少し忘れられてきているように思う。 私たちは忘れないようにしよう、世界中の人たちから助けてもらったことを・・・。
それにしても復興がなかなか進まない。私たちは主義主張を一寸横に置いて復興にもっと力を注ごうよ。子供たちに明るい未来を引き継ごう 。

 

 孤独死や孤立死が増えて、誰にも助けてもらえず都会の真ん中で死んで いく。
こんなことでは日本は滅びてしまう。 もっと隣人のことに関心を持って隣近所見よう。私の隣組は11軒、そのうち4軒は独居老人、みんなが助け合っていかないと病気になっても気づかれないかも知れない。
 
 自分が「おかあちゃん」を介護してもう 11年、大変さがよく分かる。
誰もが通る老いの道、大変な時は他人の助けを受け入れよう。そして自分ができることでお返ししていこう。私の母を懸命に介護して、3人の子供を育てながら仕事に通い、やっと定年で、これから少し楽をしようと話していた時に金銭トラブルに巻き込まれ、それに悩んで鬱になり認知症を診断されて 11年、子供たちが、家内が私の母を介護している後姿を見て育ったお陰で本当に優しくしてくれる。
 
 2013年10月27日は結婚して51年目でした 、過ぎてみれば早いなあ。
たくさんの仲間に支えてもらって今日がある。これからも、お母ちゃんを介護しながら仲間の皆さんにご恩返ししていこう。そのためにも健康でいなければ・・・。
 
 仕事仲間が「おかあちゃん、お母ちゃん」と言って親切にしてくれる。仕事に連れて行っても親切にしてくれる。こんな有難いことはない。だから私は、自分でもできることはどんなことでもさせて貰おうと心がけている。それが、私にできる恩返しだと思って.. .。
 
 認知症は不治の病と認識している私に希望が持てるようになってきました。
この病気が完治しなくとも、進行を遅らせられれば・・・。
                                                              活水器体験談

がんばろう日本!

 人間は一人では
 生きていけない。

 

日本の棚田100選

simizu-aragi.jpg (286772 バイト)
あらぎ島の棚田
(和歌山県清水町)
長谷(ながたに)
大阪府         (能勢町の棚田)
ぜひ読んで下さい
25年4月13日(土)しんぶん赤旗に投稿しました。
 ココをクリック

Copy Right(C)2001 ブリックマンの館 All rights reserved.