cheap jordans wholesale nfl jerseys stainless jewelry wholesale cheap ncaa jerseys cheap Nike Air Huarache shoes pompy wtryskowe bombas inyeccion Air Jordan 11 72-10 Retro Black Gym Red White air jordan 5 low chinese new year cubic zirconia wholesale cheap nfl jerseys cheap air yeezy 350 boost Authentic MCM Backpack for Sale air jordan 12 cheap cheap ugg boots jordans for sale
私は誰かに支えられている。

だから、私も自分のできる範囲で誰かのお役にたちたい。
トップページ プロフィール お勧めリンク つぶやき 介護日記 メール
 
 
赤レンガの歴史
 
 
レンガの敷き方
 
 
私の探検記1
私の探検記2
私の探検記3
 
 
ブリックマン奮戦記
 

蘇れ「岸 煉」
阪南市九条の会
泉南民主商工会

〜〜

 
大阪府岸和田市にあった赤レンガメーカー 岸 煉 (私の記憶より) 
スクリーン:フィダー
ちょっと写真は見にくいですが、自動切断積み込機より乾燥台車に自動的に順序よく積み込んでいるところです。

創業当初と比べ比較になりません。 昔は殆どが人の手によって作られていました。

真空土練成型機

自動的に積み込まれた生(焼成前)の煉瓦は中まで自然乾燥(2〜3週間)されてトンネルキルン(焼成炉)に向かいます。
自動切断積込み機

この写真は焼成前に焼成台車にヒビ割れや曲がりや寸法のチエックを受け合格した生煉瓦を慎重に熱の通が良くなるように積み込まれて、さらに乾燥させるために、サブドライヤー室に送られます。

この入り口からはいり約70m位の間に温度も徐々に高くなっていくのです。

トンネルキルン
完全にに乾燥した生煉瓦は 約24時間最高温度1000度くらいの熱で焼かれて出てきたときは火の塊となって出てきます。

焼かれて出てきた煉瓦は1日かけて自然に冷めていくのを待ちます。

このように、土から赤煉瓦になるまでには約1ヶ月かかります。

良い土(適当な鉄分を含んでいること)でなければよい煉瓦はつくれません。 更にその上にその工場独自のノウハウによって、良い煉瓦ができるのです。

 

Copy Right(C)2001 ブリックマンの館 All rights reserved.