私は誰かに支えられている。

だから、私も自分のできる範囲で誰かのお役にたちたい。
トップページ プロフィール お勧めリンク つぶやき 介護日記 メール
 
 
赤レンガの歴史
 
 
レンガの敷き方
 
 
私の探検記1
私の探検記2
私の探検記3
 
 
ブリックマン奮戦記
 

蘇れ「岸 煉」
阪南市九条の会
泉南民主商工会

〜〜 レンガ工場探検記3 〜〜

 
 
阪南市内の箱作地区の分譲地の公園です。
ここの街並みは輸入れんがをふんだんに使った建物が多く、クリスマスからお正月にかけてイルミネーションが各戸で飾られ別世界に来たような感じがします。
 

この赤れんが造の建物は大阪の難波から和歌山市を結んでいる南海電鉄本線の岬町 にある現役の変電施設です。

 台風や地震に幾度となく、さらされながらも電 車が支障なく走れるのも、このような施設 で 下向きに誰からも見られることのなく働いてく れる人たちによって支えられているのです。 感謝・・・・

 

ジャーデン・マセソン商会の門柱

 このレンガ造りの門柱は、かつて旧外国人 居留地京町83番の英国商館に建っていたもの。

 明治37〜8年ごろの建造により明治の名残を留める。貴重な文化遺産として昭和53年秋に神戸市によってここに移され保存されて いる。

 

 

荒れ野に建つ老煙突

 グローブテックのハイキングで月ヶ瀬に行った時に見つけた、赤れんが造りの老煙突。
 今はもう働いてはいないが、この会社の盛衰 を見守ってきたのだろう。

 現役を退いてどのくらい過ぎたのかは分からないが、なにか寂しい気がする。
 持ち主は誰かは知らないけれど、よく働いた この煙突に休みを与えてやって欲しいと思う のは私だけだろうか?

 

大阪の堺市内の市営マンションの遊園地にある赤れんが造りの外郭です。

 このマンションの外構には赤れんががふんだんに使われています。
 私の勘では殆どが「岸 煉」の赤れんがだと思います。しかし昔のような子供達の遊ぶ姿の見られないのがちょっと寂しいです。

 

兵庫県尼崎市大物に今も当時のまま残って いる「大日本紡績本社」の赤れんが造の建物です。


 100年以上経っているものと思いますが益々 赤れんがの良さがにじみ出てきています。
 いつまでもいつまでも元気な建物であってほし いです。

 (私の親友潟Gムライズ、長田社長提供)

 

和歌山県日高川町にある変電所発電所です。
横を流れている川は日高川です。
このときは、昨夜来の雨で水かさが増え濁流となっていました
 

2012年10月1日に建設当時の姿に復元された東京駅
 

新潟県長岡市にあるJRの車庫 近々解体される運命にあるという。
赤れんがの貴重な建物が解体されることは日本の建築の良さがなくなり寂しい。
 

Copy Right(C)2001 ブリックマンの館 All rights reserved.